blog seo tool : track word
blog SEO tool



Powered by SHINOBI.JP


掲示板をつけてみました。
一応画像なんかも、のっけられるって
ところなので、デザインバーコードやら、
マンホールでも、ペットボトルキャップ
でもなんでも、面白いのや珍しい
ものがあったらのっけてみてください。
もちろん気が向いたらでいいですけどね。

そんな掲示板はこちら ⇛ 

てげやっちゃがなどぅ 別館


こちらで作ってみました:無料レンタル掲示板:Net4U


qrcode




ジオターゲティング


Logo54.comのLogo Makerを使ってバナー作ってみました。 どうでしょうかね?

Tege banner






Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

てげやっちゃがな どぅ

何かおいしいもん食べちゃったとか、買っちゃったとか雑記です
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
キャラメルラスク
ラスクが食べたくなったので作ってみました。
という事で、キャラメルラスクの作り方。

必要なものは、バケット・・・好きなだけ
キャラメル・・・5個くらい
バター・・・20gくらい
生クリーム・・・50mlくらい

結構適当です。大体このくらいで、バケット1/2本くらい、
10枚ちょっとは作れるかと。

ラスク1

まずは、なにはともあれ、バケットを切ります。薄めにしたほうが
カリッと出来るかもですが、まぁそこはざっくり適当に。

ラスク2

で、この間にバターは室温で柔らかくしておいて、
生クリームにキャラメルを入れ、レンジで温めながら
溶けるまで混ぜます。700Wで30秒くらいかなぁ〜、
ダメそうだったら、具合を見ながらちょっとずつ温めてキャラメルが
溶けるまでまぜて、バターを混ぜてとりあえず放置。
バターはもうちょっとあとでも良いかも。

ラスク3

で、120度に温めておいたオーブンに切ったバケットを並べて
12分位焼きます、というか、水分を飛ばすといった感じ。

で、出来たら、先程作っておいたキャラメルソースに片面でも
両面でもイイの焼けたバケットをつけて今度は140度に
温めておいたオーブンに20分入れます。その際は、キッチンペーパー
敷いてくださいな。じゃないと、後片付けが大変かと。ま、その辺は
わかりますわね。で、ほっといたらそれっぽく出来上がりました。

ラスク4

思ってたより簡単に出来てそれでいて、結構美味しく出来たので、
まだ、バケットも余ってることだし、つくってみようかと。
今度は、一味やら、柚子胡椒のちょっと大人のラスクを
つくろうかなぁ~なんて。基本は同じみたいなので、ちょっとのアレンジで
色々作れるラスクちょっと楽しいかななんて。
時間があるときは結構面白いですよ〜。失敗も、少ないと思うので、
おすすめです。


| Handmade(手作り) | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
マラサダ?
1

映画「ホノカアボーイ」を観たら、無性にマラサダが食べたくなったので
作ってみました。

材料:
薄力粉  100g
強力粉 110g位
イースト菌 3g
卵 L1玉
砂糖 15g
塩 3g
バター(冷蔵庫にマーガリンしかなかったので、マーガリン使用)  15g
スキムミルク スプーン2杯くらいを130ml位の水で溶いたもの

こんなもんだったかと。かなりアバウトなので、このとおり作ったら
うまく行くかもしれないし、全く上手くいかないかもしれませんので、あしからず。

まずは、薄力粉と強力粉をふるいにかけてそこに
イースト菌、砂糖、塩を投入。
で、もう一個のボールに溶かしバター(マーガリンだったけど)、卵、
スキムミルクを入れて混ぜます。
で、その二つのボールを混ぜあわせてこねていきます。
かなり僕は適当に作ったので、こねつつ途中で強力粉を
加えていってだいたいこんなもんかな~ってところまでこねました。

3

そのあとは、ラップをかけて暖かいところで1時間くらい発酵させます。

4

適当に膨らんだら、バンバン叩いてガス抜きをしてまな板の上に打ち粉でもして
その上で厚さ1~2cmくらいになるように伸ばします。

5

か・かたちは、良いんですよ、きっと・・・

6

まぁあんまりきにせず、進んでいって適当に切り分けます。
その上にフキンをのせて再度20分くらい発酵。

7

良い頃合になった気がしたら油で揚げます。揚げ具合は個人的には
色濃い目の方が好きなので、中火でいいかなぁ~ってくらいまで
揚げます。

8

出来上がったら、熱いうちにグラニュー糖をしいたバットに突っ込んで
ペタペタしてると出来上がり。

気分を変えるために、

9

黒糖きなこも作成。


なんせ、本物のマラサダを食べたことがないので、黒糖きなこはマラサダ
としては有りなのか無しなのか良くわかりませんが、味はかなり好みの
味でした。グラニュー糖の方もシンプルながら、結構外はサックリなかは
ふわぁ~んとした感じに仕上がったので、形を気にしなければ、意外と
うまくいったんじゃないかと思ってます。今度は、もっと手を抜いて
パン焼き機で発酵までしてもらおうかと。

ま、でも、家庭の味って感じのおやつでなんかいい感じでした。
気合を入れて作ってないので、そんなに大変だったこともないし
また、作ってみたいなぁ〜って感じですね。もうちょっと味の
バリエーションにも挑戦したいしねぇ~。
なかなか美味しかったです!!ちょっと、満足。

| Handmade(手作り) | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅酒2009
梅酒2009

今年も作ってみました、梅酒。これで8年目ですか。
今年も昨年に引き続いての黒糖梅酒にしてみました。
今年は、なんとなくですが去年より甘目を狙って
梅1Kg、ホワイトリカー1.8L、黒砂糖300g、氷砂糖150g
で作ってみました。どうなるかは、また、1ヵ月以上先の
お楽しみ。
| Handmade(手作り) | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
レアチーズケーキ
ck_mate

急にレアチーズケーキが食べたくなったので、作ってみました。
材料はクリームチーズ100g、生クリーム100g、マシュマロ9個、
レモン半分と土台用のクラッカー適当。
クリームチーズは、トップバリューのもので、マシュマロも
マックスバリューで購入の普通のマシュマロ。生クリームは
メグミルクの物を使ってみました。

ck_mate2

クラッカーは、エグザクト株式会社のマジックフレーククラッカーを
ダイソーで購入。

作り方は、まずクリームチーズを常温に戻しておいて混ぜときます。
そのあと、生クリームを500Wで1分50秒温めて、そこへ
マシュマロ9個(多分8個でも大丈夫。とにかく、これくらい。まぁ適当)
を投入。軽く混ぜて(ここではマシュマロは溶け切らなくて大丈夫、
レンジに入れたら溶けるので)から再びレンジへ500Wで30秒。
取り出すとマシュマロは溶けてると思うので良くかき混ぜます。
そこに、レモン半分の絞り汁を入れて混ぜ混ぜ。さらにクリームチーズと
混ぜ合わせて綺麗に混ざり合わされば上の部分の完成。

土台の部分は面倒だったので、クラッカーをただ砕いて敷いただけ。
オレオクッキーなんかだとまた違った味になるはず。もうちょっと
気合の入った土台も作ってみたいかなぁ〜と。

で、砕いたクラッカーの上に混ぜ合わせたものをのっけて
冷蔵庫に冷やせば出来上がり。

で、出来たのがこちら。

ck1

アクセントにというか、冷蔵庫の中でなかなか出番の無いレモンピールを
半分に乗っけてみました。かなり簡単な方法で作ったにもかかわらず
結構美味しく出来て感動しました。ちょっとはまりそう。

ck2

色味の似たクラッカーを使ったので、土台と本体の部分の区別が
あまりつかず。ま、でも、ほんとに、思った以上に簡単に
レアチーズケーキが出来て楽しかったですわ。これからは、ちょっと
味のバリエーションを変えて挑戦してみたいと思います。
| Handmade(手作り) | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
レモンピールとレモンカード
レモンピール

ポン酢作ったあまりで、レモンピールとレモンカードも作ってみました。
で、こっちは、レモンピール。レモンの皮をお湯に入れて洗って
ってのを3回位繰り返して砂糖で混ぜれば出来上がり。
レモンの皮は、白い部分を出来るだけ少なくしないと結構苦いです。

レモンピール2

で、ビンに詰めて出来上がり。砂糖にがっつり漬かってるので、
結構日持ちするようですよ。

レモンカードの材料

もういっこ、レモンカード。チップとリーのレモンカードが
結構好きだったんで、ちょこっと作ってみたかったんですが、
なかなか気が向かなくて。
今回の材料は、卵1個、バター50g、レモン果汁60cc、砂糖70g。
レモン果汁がちょっとたりなくて、かぼすを追加しましたが
自分で食べる分には良いでしょ。あと、レモンピールもちょっと
刻んで加えてみました。
ボウルに卵を入れてかき混ぜて砂糖、バター、レモン果汁を
入れて混ぜます。そのあと湯煎にかけてとろ〜っとするまで
かき混ぜたら出来上がり。

レモンカード

結構簡単にできるて、それでいて結構美味しいので、
なかなかいいかも。これからちょくちょく作るかもしれません。

ま、気が向いたらどうぞ。
| Handmade(手作り) | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポン酢
柑橘

かぼすとレモンが安かったので、ポン酢でも作ることにしました。

果汁

かぼすとレモンを絞ったもの。種がたくさんですけど、当然取り除きます。

ポン酢

で、一応出来上がり。なのですが、1週間程度寝かせた方が美味しいと言う
話なので、暗冷所で保管です。

とりあえず、簡単に作り方を。
今回は、レモン1個、かぼす3個(しぼったら 60ccくらいでした)、
しょうゆ 100cc、日本酒 60cc、みりん 50cc、酢 60cc、
塩 少々、かつおだしの素 少々、昆布 5cm位、
かつおぶし ちっちゃいの1パック(3g)

まずは、みりんと日本酒を鍋に入れて弱火でアルコールを飛ばします。
で、しょうゆを入れて弱火で沸騰させ5分くらい煮詰めます。
水を張ったボールに鍋を入れて急冷させます。熱くなくなったら
レモンとかぼすの絞り汁と酢、塩、かつおだしの素、かつおぶし、
昆布を入れて入れ物に移すととりあえず出来上がり。あとは、
1週間くらいまってると、沈殿するので、それを漉したら
本当に完成です。

ま、自分の好みで、柑橘類を変えてもいいし量を調整しても
良いし、そこは作ってみてちょこちょこ調整すれば
自分好みの1本ができるかもしれませんねぇ〜。

レモンもの

ついでに、レモンがちょこっと残ったので、レモンピールと
レモンカードも作ってみました。ま、こっちはまた別の機会にでも。
| Handmade(手作り) | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
かぼす胡椒
かぼす胡椒

唐辛子とかぼすを買ってみたので、ゆず胡椒ならぬ、かぼす胡椒を
作ってみました。かなり適当ですが。
あんまり参考にはならないかと思いますが、材料は、
かぼす-1個、唐辛子-6本、塩-適当です。

まずは、唐辛子のへたをとって真ん中で2つに割って中の種を
取り除きます。で、その後は細かくみじん切り。

かぼすは、外の皮の部分を薄く切ってやっぱりみじん切り。

で、みじん切りにしたものをすり鉢に入れてゴリゴリと細かくしていって、
適当につぶれたかなぁ〜って思ったら塩と、かぼすの絞り汁を入れて完成。

かぼす胡椒2

出来上がりは、こんな感じ。見た目ほどの辛さはありませんが、
豆腐の上に乗っけて食べたりするとなかなか合うかと。かぼすの
風味がなかなか良くて悪くないかなと思ってます。
でも、やっぱりちょっとかぼすの皮は硬いかなぁ〜、柚子のようには
いかなかったかと。ま、実験的に作ってみた割には結構うまく出来た
かな。ちなみに柚子胡椒は、かぼすを柚子に変えるだけで出来ると
思いますよ。なにぶん手作りなもんで、賞味期限がわからず
早めに食べきらなきゃいけないかなと思ってます。

あ、あと、唐辛子ちょっとなめてました。あんまり何も考えずに
素手でやっていたら、夜になっても次の日になっても熱い感じが
して大変でした。作る時には極力手袋などを付けて作るように
してくださいねぇ〜♪
| Handmade(手作り) | 23:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
栗の渋皮煮
くり

なんとなくこの時期に栗を見つけると作ってしまうのですが、
今年も”栗の渋皮煮”作ってみました。
で、まぁみたまんまですが、栗の皮をむいて
渋皮だけにしたところ。これだけで、2時間くらいかかって、
辛かった・・・
もうちょっと楽に作業の出来る道具を購入しようかと
本気で考えてるところです。

渋皮煮

で、まぁ色々ありましたが、無事完成。
今年は、ちょっと甘さ控えめな感じの仕上がりになってますが、
これはこれで美味しいかと。満足です。

一応簡単な作り方も:
栗を全体がつかるくらいの水に2時間くらい(もっと長くても
良いと思う)漬けておいて皮をやわらかくしてから皮をむきます。
渋皮だけになった栗を鍋に入れ栗が全部つかるくらいの水を入れて
そこに重曹を小さじ2杯(まぁ適当で大丈夫なはず)いれて、
沸騰させて、そこからさらに10分煮込んで、火を止めて10分放置。
ざるにあげて水で洗って太い筋を取る。で、もっかい重曹を入れて
煮込んで放置を繰り返す。そしたら、水に15分くらいつけておいて
その後鍋に栗を入れて水を500ccくらいに砂糖を300〜500gを好みで
入れて弱火で煮込む。適当に水分が減ってきて味が付いてるよう
だったら火を止めて、塩をひとつまみいれて完成。
栗は冷蔵庫に入れておけば結構持つ気がするんで、そんなに
急いで食べなくてもきっと大丈夫だと思います。

これから秋ですから、美味しいものいっぱいで楽しい季節ですが、
食べすぎには気を付けましょうねぇ〜♪
| Handmade(手作り) | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
毎度、毎度の梅酒作り2008
梅酒1

なぜか自分の中で毎年恒例となっている梅酒を今年も作ってみました。
今年は黒糖梅酒を目指すべく、いつもとちょっと変えて氷砂糖のかわりに
黒砂糖を使用。

作り方は、梅を洗って、キッチンペーパーで水気をとりつつ、へたをとり
梅と黒砂糖を交互にビンの中にいれ、ホワイトリカーを注いでおしまい
ってな簡単なもんです。ちなみに分量は、梅1Kg、黒砂糖300g、
ホワイトリカー1.8L。

梅酒2

で、出来上がりはこんな感じ。飲めるのは1ヶ月以上先になるかと
思いますが、黒糖を使って作ったのは初めてなので、うまくいくか
心配なような楽しみなようなところです。

どうやら、2002年から作ってるみたいなので、7年目に突入。
梅酒のビンも7本転がっていて結構場所とって邪魔です。

★2007年の梅酒作りはコチラ

★2006年の梅酒作りはコチラ

★2005年の梅酒作りはコチラ

★2004年の梅酒作りはコチラ

| Handmade(手作り) | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
恒例の梅酒作り
梅酒

今年もまた、ぎりぎりですが、梅酒作ってみました。
去年と同様、”ホワイトタカラ 果実酒の季節”を使用。
梅も普通に買ってきたもの(群馬産)。

梅酒2

ま、梅洗って、へた?とって、氷砂糖入れてお酒につけるだけなんで、
簡単なんですけど、氷砂糖買い忘れてたんで、今日にでも追加で
入れようと思ってます。

飲み頃は、3ヵ月後かぁ。
これで何年目だ?6、7年は作ってるんで、最初作ったやつは、
かなり美味しくなってますよ〜。


★宝酒造株式会社のHP

★2006年の梅酒作りはコチラ

★2005年の梅酒作りはコチラ

★2004年の梅酒作りはコチラ
| Handmade(手作り) | 17:30 | comments(2) | trackbacks(1) |
 1/3PAGES >>