blog seo tool : track word
blog SEO tool



Powered by SHINOBI.JP


掲示板をつけてみました。
一応画像なんかも、のっけられるって
ところなので、デザインバーコードやら、
マンホールでも、ペットボトルキャップ
でもなんでも、面白いのや珍しい
ものがあったらのっけてみてください。
もちろん気が向いたらでいいですけどね。

そんな掲示板はこちら ⇛ 

てげやっちゃがなどぅ 別館


こちらで作ってみました:無料レンタル掲示板:Net4U


qrcode




ジオターゲティング


Logo54.comのLogo Makerを使ってバナー作ってみました。 どうでしょうかね?

Tege banner






Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

てげやっちゃがな どぅ

何かおいしいもん食べちゃったとか、買っちゃったとか雑記です
H.I.S. モバイルの”変なSIM”を使ってみた

H.I.S.モバイルの”変なSIM”を買っていたのですが、早速使う機会があったので、使ってみました。

普段使用しているSIMカードに貼って使うタイプと普通のSIMカードの2種類がありますが、購入したのは

貼って使うタイプ。通常1,980円ですが、2018年9月30日までにオンラインで購入した方は980円です。

でもって、世界70カ国で利用でき1日200MBで500円となっていますが、1日は単純に24時間=1日となっていますので、

2泊3日でも、2日分購入すれば、足りることが多いです。

 

変なSIM

 

普段使いがHuaweiのMate9のSIMフリーのスマホなので、そこに使用しているOCN mobileのSIMに貼り付けて

使ってみましたが、微妙に引っかかり入れるときに斜めにして押さえつけた状態で入れたらどうにか入りましたが、

まだ抜いてないので、ちゃんと抜けるかが微妙に不安です。

 

ま、それは置いといて、韓国に2泊3日の出張だったので、アプリから韓国を選んで、2日分の

データプランを購入しました。2日分なので、1,000円ですね。

こんな感じ。データを購入するとなんかSIMカードに書き込みが始まるみたいで数十秒待ちが必要です。

これを出国前にやっておきます。

 

1

 

んで、飛行機に乗ってる間にアプリで切り替え(貼るタイプのSIMカードにのみ

必要な作業です。通常のプラスチックのSIMカードを選んだら、SIMカードを

入れ替えるだけです。)

 

5

 

プランが切り替え終わって、その国についたら、使用可です。

だめだったら、アプリ内の”設定方法を見る”ってとこ見れば、

行った国々のAPNの設定方法なんかが見れます。これは、オフラインでも可能なので、

設定さえ終わればだいたいいけるかと。

 

Seongnamでしたが、速度はこんな感じでした。

ss

 

LINEとかInstagramとかする分には特に問題ないかと。

 

そんなわけで、H.I.S.モバイルの”変なSIM”使ってみましたが、急な短期出張がある人には

とても良いのではないかと。時間があれば、Amazonで周遊のSIMカードなんか買うんでしょうが、

そんな余裕もなく旅に出なくてはいけない人には心強い味方になりそうです。使わなければ、利用料は

発生しないようですし、海外に行く機会がある人は現地でSIMを手に入れるまでの環境つくりや、トランジットで

ちょっと立ち寄るけど、通信手段がないと不安とかいう人には良い選択肢になると思います。SIMカード代も

初回の980円or1.980円ですし、海外に行く機会がある人は持っていると安心かと。

日本の携帯会社の海外ローミングもずいぶん安くなりましたが、それよりも格安で環境が整うので、

個人的にはオススメですね。特に、その日のうちに海外出張が決まって、すぐに飛んでいかないと

行けないような事態が起こりえる人にはなおさらです。

 

#hismobile #変なSIM

| SIM Card(SIMカード) | 03:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロシアでSIMカードを買ってみる

※2017年9月時点の情報ですので、現在は異なる場合があります

 

ロシアで自由なネット環境を構築すべく、SIMカードを購入してみました。

今回購入したのは、モスクワの空の玄関口、シェレメチェボ空港です。

 

入国審査等終わり、ターミナルD到着口のフロアに購入するところがあります。

ま、結構どこにでも売ってるんですが。

こんな感じで広がっています。

シェレメチェボ

 

購入したのは、出口を出て右手に進んでいったところにある”EBPOCETb(Euroset)"という、

通信関係の商品を取り扱う売店。黄色い看板が目印です。

もうちょっと進むとマクドナルドがあります。

ちなみに、SMSを受け取れる環境にあるのであれば、シェレメチェボ空港内ではWifi使用できます。

SMSを使える環境がすでにあるのなら、あまり必要ないかもしれませんが・・・

 

で、購入したの”MEGAPHONE”のSIMカード。というか、SIMカードとお店のお兄ちゃんに行ったら、

渡されたのがこちらのSIMカードでした。

 

SIM

 

SIMカードを真ん中から必要な大きさのSIMサイズで抜き取る形になっていまして、

標準サイズのSIM、micro SIM、Nano SIMに対応しています。

 

実際は、真ん中のSIMカードです。

(ちなみに、上のは左が中国、右がシンガポール、一番下がマレーシアのです。)

SIM

 

英語は通じませんでしたが、国際空港ということで外国人なれしているんでしょう、

SIMカードと言えばメモを出して、コレでいいかって感じで聞いてきます。

600ルーブルなので、約1,200円。問題ないでしょう。

 

で、セットアップはよくわからないので、お兄ちゃんにスマホ渡してセッティングを

お願いしました。(一応ロシア語表示にしておいたんだけど、見ていたかは不明、

日本語のままでも多分やってくれます。)あ、スマホはAndroidです。HuaweiのMate9

っていうSIMフリーのスマホを利用しました。

 

で、セッティング完了すると渡してきてくれたので、とりあえず、インターネットアクセスしたら

接続できないので、出来ない!って、もう一回お願いしてちょこちょこやってもらったら、つながるようになりました。

後日、知人が別のとこでSIM購入しましたが、その際はカードだけ渡されて自分でやれって

言われてましたので、到着後のほうがなんとなく良さそうです。

 

開通するとMEGAPHONEから、SMSが届きます。そこで、サービス内容を知ったのですが、

600ルーブルで12GB+ロシア国内の500分の通話と、MEGAPHONE TVチャンネルでの2つの映画が見れるように

なっていました。一応期間は1ヶ月なので、ちょっとした旅行では十分かと。

 

ただ、ロシアの国内事情があるのでしょうが、そのままでは、LINEにはアクセスできませんでした。

時々Wifiエリアで着信音がなることがあっても、メッセージ読めないので。VPNを利用すれば、

若干のタイムラグが有りましたが、利用は可能かと。ついでにKakaoTalkは利用できました。

 

ちょっと癖のある環境ですが、思った以上に快適なネット環境がありました。

空港とモスクワ市内を結ぶエアロエクスプレスも電車内ではWifi利用できるし、Wifiだけでも

結構過ごせるかもです。ま、でも、1,000円ちょいで自由なネット環境が構築できるのであれば、

SIMカードを購入してみるのもありかなぁと。時間も、10分くらいですし。あ、パスポートは

購入の際、提示が必要なのでご注意を。

 

これから、サッカーワールドカップで盛り上がるであろうロシア、色々と魅力が詰まっていて

一回は行ってみるのも良いかと。

個人的にはまた行きたいです。

 

 

| SIM Card(SIMカード) | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1PAGES