blog seo tool : track word
blog SEO tool



Powered by SHINOBI.JP


掲示板をつけてみました。
一応画像なんかも、のっけられるって
ところなので、デザインバーコードやら、
マンホールでも、ペットボトルキャップ
でもなんでも、面白いのや珍しい
ものがあったらのっけてみてください。
もちろん気が向いたらでいいですけどね。

そんな掲示板はこちら ⇛ 

てげやっちゃがなどぅ 別館


こちらで作ってみました:無料レンタル掲示板:Net4U


qrcode




ジオターゲティング


Logo54.comのLogo Makerを使ってバナー作ってみました。 どうでしょうかね?

Tege banner






Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • デザインバーコード KALDI「柿の種 ハリッサ味」
    takbon (06/06)
  • デザインバーコード KALDI「柿の種 ハリッサ味」
    いかぼうず (05/07)
  • 不知火
    takbon (10/20)
  • 不知火
    椎屋廣一 (09/08)
  • 有限会社小野商会 「Baby Cola(ベビーコーラ)」
    takbon (09/15)
  • 有限会社小野商会 「Baby Cola(ベビーコーラ)」
    goma (09/03)
  • 輸入者:レッドブル・ジャパン蝓 屮譽奪疋屮襦.┘淵検璽疋螢鵐」のふた
    takbon (06/20)
  • 輸入者:レッドブル・ジャパン蝓 屮譽奪疋屮襦.┘淵検璽疋螢鵐」のふた
    KUMA (06/19)
  • 蟶睚 「おいしいネ。財宝のゆずだもん。」のふた
    Takbon (04/16)
  • 蟶睚 「おいしいネ。財宝のゆずだもん。」のふた
    KUMA (04/14)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

てげやっちゃがな どぅ

何かおいしいもん食べちゃったとか、買っちゃったとか雑記です
<< キリン 「生茶パンダ先生 in ボトル」 | main | サッポロ 「ホワイトコーラ」のふた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
南日本酪農協同株式会社 「スコール」のふた
スコールのふた

南日本酪農協同株式会社 「スコール」のふたです。
こちらにも、”あける→”が付きました。
この”あける→”には、結構否定的な意見があるようですが、
個人的にはまぁいいんじゃない、って若干肯定的な
立場で見ています。とまぁ、そんなにたいそうな事では
ないんですが、商品としては万人を意識しているわけ
でしょうから、対象としてるのは小さなお子さんから
お年寄りまでってことになると思うんです。で、普通の
大人が飲む場合には今更こんなあけるなんて事を言われなくても
って反応が普通なんでしょうが、これが、小さいお子さんで
初めてペットボトルを飲む(って、初めてペットボトルを飲むのに
炭酸飲料かって話はありますが)もしくは、あまり利用した
事がないって子供にとっては開けるという字が読めるか
どうかとしても、矢印の方向で直感的に回す方向がわかるって
もんじゃないかと。でもまぁこれも無理やりな言い訳って
感じですわね、そんな子が一人であけて飲むはずがないって
もんなんですけど、書いてないと何をするかわかんないのが
消費者ってもんかと。
ただ、この場合の表示は書いてなかったことによって何か
事故が起こりますよ〜って類のものではないので、日本人特有の
”おせっかい”ってところでしょうか?
どうせ、”あける→”ってつけるくらいなら、点字で書くとか
”飲み込むな!”って書くとか、もうちょっとなんかないかなぁ〜って気はしますけどね。
シャンプーとリンスみたいに、炭酸ですとか、水ですとか
点字ででも入れればいいのにって思うんですけど、成型が
難しいんですかね?アルコールの缶には入ってますよね?
他がやってるから、うちもっていうんだったらどうかと思いますけど、
まぁそれもしょうがないかなぁ〜って気はしますね。
どっかの会社で”反対にまわしたらあかなかったじゃないか!!”みたいな
クレームでも発生したんでしょうか?そもそも、なんでついたんですかね
この”あける→”。反対にまわすものだったら意味あるきがするけど。
と、ここまで書いてると思いっきり否定的な感じになってますね、
でも、否定ではないんですよ。でもまぁ、ブランドを愛する顧客がいて
そのブランドをちゃんと守っていくってのも企業の責任でしょうから、
否定的な意見は真摯に受け止め次につなげていくってもんでしょうね。

なん書いてるか良くわからなくなってきましたが、これも時代の流れって
もんでしょうがないのかなぁ〜っと。これを加えることで何らかの
リスクを減らしたんでしょうね、きっと。まぁ、”あける→”を追加するにしても
もうちょっとデザインを考える余地はあったんじゃないかとは思いますが、
まぁ、それは次回に期待しましょうと言うことで。
長くなりましたが、こんなのもたまにはありかと。


★南日本酪農協同株式会社のHP
| Plastic Bottle Cap(ふた) | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:33 | - | - |









http://takbon.jugem.cc/trackback/1706