blog seo tool : track word
blog SEO tool



Powered by SHINOBI.JP


掲示板をつけてみました。
一応画像なんかも、のっけられるって
ところなので、デザインバーコードやら、
マンホールでも、ペットボトルキャップ
でもなんでも、面白いのや珍しい
ものがあったらのっけてみてください。
もちろん気が向いたらでいいですけどね。

そんな掲示板はこちら ⇛ 

てげやっちゃがなどぅ 別館


こちらで作ってみました:無料レンタル掲示板:Net4U


qrcode




ジオターゲティング


Logo54.comのLogo Makerを使ってバナー作ってみました。 どうでしょうかね?

Tege banner






Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

てげやっちゃがな どぅ

何かおいしいもん食べちゃったとか、買っちゃったとか雑記です
vs ドイツ戦
W杯前の強化試合のドイツとの試合がありました。
ドイツも日本も、本番を見据えた、ベストメンバーでの試合。
試合は、ドイツに、終始ボールを支配されるも、日本が効果的な
攻めでドイツゴールを襲うという感じ。前半は0-0。
後半高原が待望のゴール。やっぱFWが点取らなきゃ。うん。
と思ってたら、立て続けに高原がゴール。おぉ〜。いい感じと思ったのも
束の間、FKから、失点。やっぱり、クローゼはしっかり決めてくる。
っつーか、クローゼに、宮本のマークじゃないだろうよ、って。高さが
あるの分かってるんだから、やはりあそこは、中澤をぶつけるべきだった
んじゃないかと。とまぁ、そんなこと思ってたら、また、FKから失点。
福西ちょっと、待っちゃったかなぁ。うまく、シュバインシュタイガー
にやられた。これで、20歳ってのもすごいよな。平山と同い年。
世界は若いのどんどん出してきてるのに、日本は良いのかよ〜と
相変わらず思っているのですが。で、大黒&玉田登場。大黒、決定的な
チャンスがありながら決めきれない。本番では、惜しいじゃだめなんだ
けどなぁ。って事で、そのまま、2-2で終了。
FIFAランキングで言えば、日本18位、ドイツ19位で、”格下”のドイツに
追いつかれた格好になったわけで。勝ちきれなかった感がどうも・・・

FWが点を取れたのは良かったこと。
だめだったのは、相変わらず三都主と、中村もなんかいまいちだったかな。
三都主は、1対1で勝てない、センタリングあげたっけ?って感じで、
それなら、守備のうまいやつ入れたほうがよっぽどいい気がするけど。
中村は、なんからしくない感じ。CKも精度低かったし、ボールを取られる
場面も結構目立ったかな。日本は、高速カウンターの練習してきてた
みたいなんで、高い位置からボールを取って、素早いカウンターを狙う
それは、良いんだけど、もうちょっとボールの支配率も上げないと
厳しいんじゃないかなぁ。そういう時に、三都主なんかよりも、小野
なんか使ってボールを落ち着いてまわせる選手を入れるのも手なんじゃ
ないかな。あとは、しっかりFKのマークを確認することに尽きるかな。
惜しかったってだけじゃ、本番じゃ、予選敗退につながるんで、ここは
しっかり勝って勝ち癖をつけて本番に臨みたいとこだったけど。

それよっか、加地は、大丈夫なんでしょうか?後ろからがっつりやられ
ちゃってたけど。田中誠も結局、ダメで日本に戻って、代わりに茂庭が
入るみたいだけど、それはまぁそれで、いいんだけど、加地ももしだめ
だとすると、もう、松井とか入れちゃえばいいのになんて思ったりして。

でもまぁ、見てる分には最近では一番面白い試合だったかなぁ。
多少なりとも、本番での活躍も見れそうな雰囲気もあったし。
まぁ、もうちょいだ、がんばってくれぇ〜!!


あ、あと忘れてた、文句。
ハーフタイムに生中継だと思ってたから、チャンネル回してたら、
日本テレビで、試合の速報とか言って、結果言ってやんの。
ハーフタイムで、もう結果分かっちゃってすげぇ〜テンション
下がっちまったよ。ふざけんなっつーの。
人がせっかく楽しく見てるのに。放送やってたの知ってるだろうから、
そこは気を利かせてハーフタイム以外の時間に流すべきじゃないんですか。
ほんっとに、勘弁して欲しいわ>日テレ
| Sports(スポーツ) | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
W杯前最後の大一番
ワールドカップ前の大一番、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が
フランス パリの”Stade de France”で行われました。
スペインのバルセロナ対イギリスのアーセナル。
アーセナルは、なぜかチャンピオンズリーグじゃ今までいい成績がなく
これが、初めての決勝、一方のバルセロナは一回ビッグイヤーを獲得
していて、2度目のビッグイヤー獲得を狙います。ちなみに、
このスタジアムでは、ロナウジーニョは相性が良くないんですよね。
パリSG時代にも、決勝まで進んだけど、負けたり、ブラジル代表の
試合でも、負けたりと、いまいち。
って事で、試合開始。
前半開始早々、アーセナルのアンリが決定的な場面を迎えますが、
バルサキーパーのビクトール・バルデスの巧セーブで得点ならず。
開始したばかりの頃はアーセナルが良い感じで攻め込んでいたんですが、
前半18分、ロナウジーニョからのスルーパスに飛び出したエトーを
アーセナルのGKで、ドイツの正GKである、レーマンが、ペナルティーエリア
のぎりぎり外で倒して、一発退場。これで、アーセナルは10人で戦う
羽目になったため、ピレスをさげて、GKのアルムニアを投入。これで、
アーセナルは圧倒的に守備的になることになるけど、まぁ、バルセロナ
相手だと、11人いたところで、守備的になるだろうから、ある程度
予想通り。これまで、アーセナルはチャンピオンズリーグでは900分以上
無失点できていたし、今年は堅固な守備で勝ち上がってきてたんで。
でもまぁ、ここが面白いもんで、10人と少ないアーセナルがゴール付近で
FKのチャンスを得ると、これをアンリが蹴ったボールがどんぴしゃで
キャンベルの頭に合いアーセナルが先制。圧倒的に不利だったアーセナル
が先制したことで、試合は面白くなった感じで。
バルセロナも、ロナウジーニョ、エトーを軸として攻めるも、GKに
阻まれたり、後一歩のところで攻めきれず、前半は、0-1でアーセナル
のリードで終了。
ボールの支配率は6対4で、バルセロナってところ。

後半に、早速バルセロナは動きます。まずは、イニエスタを投入。
これがまた、良い感じでボランチで、ボールをさばき、ちょっと
あせりがちになっていた攻撃陣に良いアクセントをつけてます。
で、もうちょっとすると、今シーズンで、バルセロナを離れるラーション
が投入され、さらに右サイドに、ベレッチを投入しかなり攻撃的な
布陣になりますが、これがぴたりと的中。
ラーションのうまいポストプレーから、エトーが飛び出してキーパーを
よく見て、ゴール。うまいわぁ〜、ラーションもエトーも。
がっくりしてる、アーセナルにさらにバルセロナは襲い掛かります、
ベレッチからの楔のパスをラーションがしっかりキープし、DFの門を
うまくついたパスをゴール前に走りこんだベレッチへパス。これを
ベレッチが強烈なシュートを放つとGKにあたたったボールはゴールに
吸い込まれていき遂にバルセロナが2-1と逆転。1人少なくなっていた
アーセナルも、レジェスを投入し攻撃的布陣にしますが、バルセロナは
ボールをうまくまわして結局そのまま2-1で終了し、バルセロナが
2度目のビックイヤーを獲得するとともに、リーガとチャンピオンズリーグ
の2冠を達成。日本としては、W杯の前にブラジル代表のキーマンである
ロナウジーニョを乗せちゃったかなぁ〜と思ってちょっと、嫌な感じ
ではありますが、去年とは違った面白さのある、チャンピオンズリーグの
決勝でした。結局2年連続で逆転勝ちだったんだね。

まぁ、でも、テレビで見ていてもわかるくらい激しく雨が降っていたのに
ぜんぜん、トラップミスとかしないんだよなぁ、基本的な技術が
しっかりしてるんで、こうなるんだろうけど、こうやって見ると、やっぱ
日本は勝てないな。スコットランドの試合であんだけ、トラップミスとか
してたらなぁ。究極の技術ってのは、やっぱり、一番基本の技術
しっかり止めて、しっかり蹴るってところなんでしょう。それが、しっかり
してたら、それだけで見るものを惹きつけるのかと。

ま、でも、ほんと面白い試合でした。早起きしてよかった。
来月からはワールドカップも始まるし、寝不足の日々が続いちゃう
かなぁ〜、楽しみ。
| Sports(スポーツ) | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
CL Best16 1st leg
ヨーロッパチャンピオンズリーグ再開しました。
今日から、ベスト16の戦いが。
昨日の試合は、バイエルンvsACミラン、レアル・マドリードvsアーセナル、
リヨンvsPSV、ベンフィカvsリバプールの4試合。
まぁ、ここまで来るとどの試合も面白そうだなぁ〜と思ってるんですが、
明日の朝ある、チェルシーvsバルセロナが一番楽しみなんだけど、今日の
試合もなかなか。バイエルンvsミランなんて、結構良いカードかと。
なぁ〜んてところで、女子フィギアを見ずに、サッカー見てる僕って、
非国民?なんて思いつつ申し訳無いけど、冬季五輪あんまり興味無いんで
ごめんなさいって感じで。なんせ、雪の降らないところで育ったもんで、
いまいちピンと来ないんですよ、ウィンタースポーツって一応言い訳を
してみる。

ま、そんなこんなで試合開始です。
流石にベスト16の争いだけあって、緊張感のある立ちあがり。まぁ要するに、
なかなか点が入りません。やっと入ったのは、バイエルンのバラックの
ミドルシュート。ゴール左斜めのところからのミドルシュート、スライスが
かかって、キーパーの手を避けるように、ゴール右サイドネットに突き刺さる
ゴール。やっぱ、バラックは良い選手ですわ。前の方なら、何でも出来る
感じ。で、まぁうだうだと見ていたんですが、そんなこんなで余り動きも
なく、前半終了。
ハーフタイムは一応、フィギア見てみたけど、スルツカヤだっけ、あの人の
番で、見てたけど、うまいなぁと。体柔いわ。ほんと。まぁすごい。

って感じで、後半開始。
後半開始すると早々に、アーセナルのアンリが、ハーフライン付近でボール
をもらって、後は4人くらいかわしてゴール。っつーか、この人が本気に
なるといくらでも点が取れそうなんだけど、スピードすごいし、ドリブル
上手いし、フランスの成績はこの人にかかってるんじゃないかと思う。
身長、188cmもあったんだね、良く分からんかった。
一方のレアル、前半の後半くらいから良い感じでまわってきていただけに、
後半開始早々の失点は痛い。ホームだし。ジダンはトラップミスとか結構
イージーミスが多かった気が。いまいちだったかなぁ〜って。
で、なんだかんだとチャンネル変えるとミランPK獲得してました。で、
蹴るのはシェフチェンコ。でもってこれを冷静に決めて、1-1の同点。ミランに
とってはかなり大きな1点だったかと。これで、ホーム0-0でも勝ちだし。
バイエルン90分で勝つには、2点以上取らなきゃだから、結構辛いんじゃ
ないかなぁ。これで、シェフチェンコ、チャンピオンズリーグ7得点で目下
単独得点王。次がロナウジーニョの5点だから、どうだろ?得点王に
なっちゃいそうかなぁ〜。
と、思っていたら、リヨンがFKのチャンスからジュニーニョが、直接
ゴール。このFKがまた、落ちる落ちる。村田兆治のフォークボールを思わせる
様なすと〜んっと落ちるFK。キーパーの正面だったんだけどねぇ、ゴメス
止められないことも無かったと思うんだけど、まぁ、すごいFK。この人の
FKはすごいけど、この人がレギュラーになれない、ブラジル代表って・・・
って感じ。
で、もう1試合、リバプールは、ベンフィカのFKにやられちゃって、結局0-1
で負け。まぁ、ベニテス監督、負けは痛いだろうけど、ぎりぎり想定内って
ところですかね。次はアンフィールドだし、どうにかなりそうな気も
するもん。
っちゅー事で、昨日の試合は、リヨン、ベンフィカ、アーセナルが勝って
2nd legを迎えるってことになったわけなんですけどね、PSVは、
チャンピオンズリーグでホーム初黒星とか。それもすごい。次は、リヨン
ゴブーが退場になっちゃったから、居ないけど、まぁ大丈夫でしょうね。
レアルの巻き返しもあるか?バイエルンは?と、次も楽しみなところですが、
とりあえずは、明日の朝が楽しみです。エトーがアフリカネーションズカップ
の借りを返せるか!因みにエトー、3年連続で、アフリカ最優秀選手受賞
だそうな。おめでとう御座います。ドログバじゃなかったんだね。
まぁ、とりあえず寝過ごさないかだけが心配。
| Sports(スポーツ) | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ANC IVC vs NGR
アフリカネーションズカップやってます。
ヨーロッパで言うとこの、”EURO”、アジアで言うところの”アジアカップ”
っつーところでしょうか。
アフリカはまぁ何がって良く分かりませんが、どの国も身体能力が
素晴らしい。ちょっと前までは、結構雑なイメージのサッカーしてたけど、
最近はヨーロッパで活躍する選手が中心となっているせいか、非常にスマート
なサッカーになってきてる感じ。基本の技術がしっかりしていると言うか。
でもって、今は新興勢力が結構台頭してきているわけで、どこがどこって
あんまり良く分からないけど、見ているとなかなか面白い。
決勝トーナメントに残った、ギニアなんか面白い。W杯出場国のうち、
ベスト4の時点で残っていたのは、コートジボアールだけってのが、結構
戦力が拮抗しているってのを物語ってるんじゃないでしょうか。

そんなわけで、昨日は準決勝のコートジボアールvsナイジェリアの試合を
見てみました。ナイジェリアは、4大会連続のW杯出場を逃したとは言え、
カメルーンと並んで最多タイの優勝回数を誇ってたはず。W杯出れないから、
こっちは獲るぞ〜ってモチベーションも高そうな。一方のコートジボアール
は、92年だったかな?以来の2度目の優勝を狙って決勝トーナメントの1回戦
では、”不屈のライオン”カメルーンをPK戦で制してきてるんで、のってる
ってな感じで。ま、そんな両チームの戦い。

試合としては、ナイジェリアがゲームを支配して、コートジボアールは、
ドログバのカウンターにお任せと言った感じ。でも、まぁドログバは
やっぱり別格だなって位美味いと言うかなんというか、1人でも局面を打開
出来る選手と言いましょうか、良い選手です。
そんな感じだったんで、両チームとも、これと言った決定機のないまま前半
は終了。

で、後半開始早々、ドログバがうまく相手DFの裏へ走りこみフリーで
シュートを決めて、コートジボアールが先制。フリーっちゅーても、しっかり
決めれる決定力は日本代表にも欲しいです。平山呼んで。
で、ナイジェリアが相変わらずボールは支配するも、シュートまで行けず
って感じなんで、ボルトンでの中田の同僚、オコチャを投入。この人はまぁ
何でも出来るって感じの良い選手ですよ。調子が良い時は手がつけられない。
そんなに大きいわけじゃないのにね。で、中盤にオコチャが入ったことで、
ナイジェリアにも攻撃のリズムが生まれ、徐々にコートジボアールのゴール
エリア付近まで近づくようになったんだけど、シュートまではいけないって
感じが続いて、結局終了。コートジボアールが、カメルーン、ナイジェリアと
アフリカを引っ張ってきていた両国を破って決勝進出。コートジボアール、
ドログバにばっかり目が行くけど、守備もしっかりしてと言うか、守備が堅い。
ま、人数かけてるからってのもあるだろうし、少ないFWだけでも、点が取れる
からったのがあるからだろうけど、バランスの獲れた良いチームです、
なかなか。W杯では、アルゼンチン、セルビア・モンテネグロ、オランダと
一緒の死のグループCだけど、結構面白い試合を見せてくれるんじゃないかと。

もう1試合は、地元開催で盛り上がってるエジプトがセネガルを破って
決勝進出。エジプトも地元開催とはいえなかなか良いみたい。若い世代とか
強いしね。結晶も楽しみな感じ。

何か見てたら、ジャン・ルカさん亡くなってしまったんですね、
アフリカ・ネーションズカップの取材中に。まだ、54歳。残念です。
ご冥福をお祈りします。
| Sports(スポーツ) | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
World Cup 32チーム決定
ワールドカップに出場する32カ国が決まりましたねぇ。昨日は、プレーオフの
試合をいくつか半分眠りながら見てたんで、非常に眠いです。

って、事で、軽く。1974年の西ドイツ大会を最後に、ワールドカップから
遠ざかっていたオーストラリア、今回の予選がオセアニア地区で出場する
最後の大会って事か、今度からはライバルでアジア地区に移動してきます、
と、前回に続き出場を狙っているウルグアイの試合。プレーオフ第1戦は
ウルグアイのモンテビデオで行われ、この時はホームのウルグアイが1-0で、
最低限の勝利を収めました。で、昨日、場所が変わってオーストラリアの
シドニーで行われた第2戦、8万人の観客が埋め尽くすスタジアムで行われました。
オーストラリアは、いろんなところからの移住者が多いんで、ウルグアイからの
移民の方も結構いらっしゃったみたいですが、やっぱり、ホームは圧倒的に
オーストラリア。オーストラリアのチームの愛称は”サッカールー”
(サッカー+カンガルー)らしいけど、サッカーってのは、万国共通の呼び方
じゃないからって、言わないでねっていってるらしいけどどうなるんだろ。
フットボール−とかになるのかな。なんてことはまぁいいですが、
オーストラリアの監督は、W杯2大会連続ベスト4監督のヒディング。PSVの
監督でもあるんですけどね、オーストラリア代表の監督も兼任で。敵地での
0-1の敗戦は、90%想定内と言いきる監督だけにどうなるんだろうって。
PSVも主力8人抜けたのに、ミランに雪辱したし、見物。

前半開始早々、ウルグアイはレコバのFKで、チャンスを迎えます。やっぱこの
人の左足は凄すぎ。が、惜しくもオーストラリアのGKシュワルツの巧守やら、
ミスに助けられて無失点で最初の危ない時間帯を乗り切ります。すると、
前半30分に早くもキーウェル投入。これが、巧をそうした形となり、
キーウェルが空振りしたボールがうまい具合に、ブレシアーノの前に転がり
それを決めてオーストラリアが待望の先制。これで、2戦合計1-1に。
なんか盛り上がってきたぞ〜ってなところで、前半終了。
でも、お互いに流れの中からの得点は生まれなさそうな感じ。となってくると、
ブレシアーノのFKよりも、断然レコバのFKは脅威。
ってなわけで、後半も淡々と進みますが、やっぱ、W杯出場がかかってる試合
だけあって、かなり熱くなってます。で、後半も終わるかなぁ〜ってところ
で、ウルグアイ、レコバが交代。レコバをここで交代させるかぁ〜???
って、采配でしたが、やっぱり案の定攻撃の基点を失ったウルグアイは、
責めきれず、かといって、オーストラリアも結局攻めきれずに、延長戦も
終了してPK戦に。W杯出場をPKで決めるのは、酷だよなぁ〜と思いつつ、
これも勝負の世界、仕方ない。
オーストラリアはこの一番緊張する場面で、キーウェルが最初のキッカーに。
去年はほとんどケガで試合に出れなかったけど、リバプールでビッグイヤーを
獲得した経験があるだけにびしっと、ゴール左隅に落ち着いて決めたのに
対して、ウルグアイは、1人目が止められてしまう。そのあと、3人目までは
お互いに決めるんだけど、オーストラリアの4人目、キャプテンマークを巻いた
ビドゥマーが、枠を捉えらずに外して、これはやばいかなぁ〜と思っていたら、
レコバの変わりに入った選手がPKを止められ、オーストラリアの5人目、
アロイージが確実に決めて、オーストラリアの32年ぶり2回目のW杯出場が
決まりました。レコバを外して、変わりに入れた選手がPKを止められて
負けるってのも、なんとも皮肉な話ですが、PKは、水物なんで、レコバでも
止められる時は止められるし、意外と中心選手の方が外しちゃって負けて
しまうものなんですよ。とはいえ、レコバ、フォルランとか、良い選手
揃っていても勝てなかったウルグアイがW杯で見れないのはちょっと残念。
ヒディング監督はしかしまぁ、勝ち方を知ってる監督と言いましょうか、
やっぱ良い監督なんだなぁと思ったとこでした。とりあえず、おめでとう。

で、夜中テレビ見てたらやっていた、トリニダード・トバゴ対バーレーン
の試合。第1戦は、トリニダード・トバゴホームで1-1のドロー。バーレーンは
勝つか、0-0で、引き分ければ出場が決まるところ。
トリニダード・トバゴには、カズの所属している、シドニーFC所属のヨーク、
それに、横浜FC所属の、シルビオなんかがいるんで、ちょっと、がんばって
欲しいなぁなんて。と思っていたら、アウェーのトリニダード・トバゴが
先制しました。誰が入れたか忘れたけど、あ、背の高い人、CKからの
ドンピシャヘッド。っつーか、どフリーだったからな。って事で、点を取らない
事には価値が無くなったバーレーンが、カウンター狙いの戦術から、積極的
に責めていくようになったけど、それが逆に、トリニダード・トバゴの
カウンターにあったりでまぁ、なかなか。そんな感じで、試合は進み
後半終了間際に、バーレーンの選手が、GKの蹴ろうとしたボールを掻っ攫って
シュートを入れたかなぁ〜と思ったら、ファールの判定。ここで、もめちゃって
バーレーンの選手が1人退場。あとは、時間をつぶされて、試合終了。
トリニダード・トバゴ11回目の挑戦で40年来の悲願達成のW杯出場決定です。

あとは、ヨーロッパのプレーオフ。
スロバキアvsスペインは、第1戦で、1-5とスペイン勝ってるんでほぼ決まり
と思ってたら、第2戦も1-1と引き分けて、晴れてスペイン出場決定。
無敵艦隊と言われながらタイトルには程遠いタレント集団ですが、W杯で
見られるのは素直に嬉しいかな。

チェコvsノルウェーも、第1戦にアウェーで勝ったチェコが有利。
で、チラッと見てたら、やっぱり、チェコがホームでも1-0と勝利。
ネドベドはW杯は観客で見に行くとか言ってるけど、是非選手として
出場してもらいたいもんです。

残る1試合は、トルコvsスイス。世界一、アウェーの試合をしたくないとも
言われているトルコでの一戦。第1戦は、ホームのスイスが2-0の勝利。
第2戦は、前半開始早々、PKで、先制します。これで、かなりトルコピンチ。
が、前半20分くらいに、FKからトゥンジャイが頭で合わせて同点に。でも、
アウェーゴールの関係もあるんで、あと、3点必要。それからも怒涛の攻撃を
見せるトルコ。前半のうちに逆転して2-1として後半に望みをつなげます。
で、早速ゴールで3-1あと1点で逆転と言うところで、前がかりになった
ところを攻められて、痛恨の2失点目。これでかなり厳しくなりました。
その後、1点返すも総得点は4-4ながら、アウェーゴールに泣いたトルコ、
前回大会3位のチームがW杯本選出場ならずと言う事になりました。
ま、でも、スイスも言いチームなんだけど。

これで、出場全32カ国が決定しました。アジア4カ国、南米4カ国、オセアニア
1カ国、北中米4カ国、アフリカ5カ国、ヨーロッパ13カ国、開催国ドイツ。
この組み合わせ抽選会が12/9に行われるわけで、ここで日本の運命も
決まることになるでしょう。ま、どこになっても弱いところは無いわけです
から厳しい戦いになるでしょうが、すごい楽しみです。

あぁ、もうついでなんで、出場32カ国はこちら。

アジア
-日本
-韓国
-イラン
-サウジアラビア

南米
-ブラジル
-アルゼンチン
-パラグアイ
-エクアドル

オセアニア
-オーストラリア

アフリカ
-チュニジア
-アンゴラ
-トーゴ
-ガーナ
-コートジボアール

北中米・カリブ海
-アメリカ
-メキシコ
-コスタリカ
-トリニダード・トバゴ

ヨーロッパ
-イギリス
-オランダ
-チェコ
-フランス
-スイス
-スペイン
-イタリア
-セルビア・モンテネグロ
-クロアチア
-ポーランド
-スウェーデン
-ウクライナ
-ポルトガル

開催国
-ドイツ



| Sports(スポーツ) | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
おめでとうございます
阪神タイガース、2年ぶりの優勝を本拠地甲子園で決めました。
昨日の試合は、会社のタイガースファンの人たちとカラオケボックスに
集まって、試合を見てました。近くにスポーツバーとかないもんで。
あんなに、安心して試合を見れたのは久しぶりだったかと。今年は優勝
したのに、見に行った試合の勝率が悪くいまいち納得してませんが。
まぁ、でも、優勝なんで、おっけ。
で、カラオケボックスの中で、ビールかけなんてやってしまいました。
スーツのままで。いやぁ〜、ビールって目にしみるんですね、初めて知り
ました。野球選手がゴーグルしてるのも良くわかります。あ、ちゃんと、
床とか濡れたところは拭いてきましたよ。
で、外に出ても、また、ビール買ってきて、ビールかけ。すごいビール臭い
はず。で、そのままお店に行ったら、やっぱビール臭いって。追い出されは
しませんでしたが、スーツ姿の男が妙に濡れていて、ビール臭を放っている
姿はきっと異様だったかと。
そんなこんなで、嬉しいのは嬉しかったのですが、すっかり二日酔いです。
DAKARA飲んで、どうにか持ち直したいところです。


阪神タイガース

優勝おめでとう!!

次ぎは日本一!!!!


| Sports(スポーツ) | 09:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
やっと見れたCL
ついこないだ、決勝が終わったかと思ってたらもう始まっていた、CLです。
まだグループステージの2試合目なんだけど、早速注目のカードが。
去年の準決勝の組み合わせ、リバプールvsチェルシー。チェルシーはプレミア
でも、7試合終わって失点1で、全勝してて早くも首位を独走中。リバプールは、
なんだかんだ言って、アンフィールドでは強いからどんなもんかと。
今朝の試合は、リバプールのホームアンフィールドでした。
リバプールは、あんまり去年とは変わってないけど、GKのデュデクに変わって
レイナが入ったのと、バロシュの変わりにクラウチが入ったくらい。クラウチは
でかいです、206cmのFW。そんなのありって感じ。
チェルシーもたいして変わってないけど、一番は、リヨンからエッシェン獲った
事かな。今夏の移籍金最高額、51億円。これだけの大金が、3日後にはリヨンの
銀行口座に振り込まれたらしいですから、ぜひともアブラモビッチ氏とは
お友達になりたいです。原油高も続いてるから、さらにウハウハなんかね。
まぁ、いいや。って事で、スタート。

チェルシーは、ドログバとロッペンを上において、リバプールは、クラウチを
トップにしてってな感じで。今週末も、このカードはプレミアであるから
大変だろうねぇ〜って感じですけど、リバプールは、ハマン、ルイス・ガルシア
あたりを軸に攻め込もうとするけど、マケレレ、エッシェン、テリーに
ことごとく潰されちゃいます。エッシェンさすが、高額で移籍させただけあって、
フィジカル強いし、カバーリングもいいし、良いのとったなぁ〜って感じ。
マケレレがちょっと、年をとってきたから、後継者にと言っても良いんじゃ
ないかってくらい。っつーか、もう十分できるんだけど。チェルシーは、
ロッペン、ダフがサイドから攻めるけどこっちも、決定機にはいたらず。
リバプールはとりあえず、クラウチにボールを集めて、それを拾ってってな
感じでいきたいところだけど、チェルシーのDFよすぎですわ。ま、でも、意外
といっちゃなんだけど、クラウチ、思いのほかうまいなぁ〜と。前線でしっかり
ポストになれるし、足元も結構しっかりしてるし、これなら十分戦力に
なるなぁ〜って感じで。結局、ゲームは動かず、0-0のまま、前半終了。
点は入らないけど、面白い試合。見ごたえあります。

そんな中、ほかの試合はって言うと、シャルケvsミランは、1-1で、前半おわり、
レアルvsオリンピアコスは、1-0で、レアルリード、インテルvsレンジャース
は、0-0。そんな感じの前半のようです。

で、後半開始。リバプールが終始、有利に進めてるように見えるけど、決定機
は、ぜんぜん作れず。チェルシーも然り。リバプールのCKからのヘディング
シュートがジェレミの手にペナルティエリア内であたってたけど、審判はこれ
を流して結局、0-0のまま、終了。点は入らなかったけど、見ごたえのある
試合でした。どっちも、決勝トーナメントに残って欲しいな。

他は、レアルが、2-1で勝ち、シャルケvsミランは2-2のドロー、インテルは、
1-0で勝ち。ソラリどフリーで外しちゃってたし、レコバ怒るよ、そりゃ。
マンチーニも頭抱えてたし。PK外したし。そんな中で、勝ち点3とったんだから
良いのかな。そんな感じでした。いやぁ〜眠いzzz
| Sports(スポーツ) | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
コートジボアールvsカメルーン
風邪ひいてるのに、3時過ぎまで見てました。おかげで喉がまだ痛いです。
オランダ戦が思っていた以上にぐだぐだだったんで、こっちに切り替えて
見てました。アフリカのグループ6だったっけかな?の首位と、2位の
直接対決。首位のコートジボアールホームで行われました。
コートジボアールは、ここまでの8戦で、ホームでは無失点でドローすらなく
全部勝利。8試合で3失点ってのも、なかなか。そのうち2失点はカメルーンの
ホームでの試合らしいから、他の国からは点をほとんど取られてないという
ことですかね。ちなみに、各グループの3位までに入ると今度のアフリカ・
ネーションズカップに出場できるみたい。

そんなわけで見ていきますが、コートジボアールのテレビ局の中継なんで、
時々、おいおいどこ映してんだよ!ってのがありますが、まぁそれは、ご愛嬌。
しっかし、まぁ、アフリカ勢同士の試合って見たことなかったんですけど、
凄いの一言かと。ありえない身体能力で、羨ましい限りです。
そんな、試合が動いたのも、その身体能力の高さなのかな。何でもないような、
中央へのフィードボールにDFがしっかり身体を入れるんだけど、足が
後ろからにょきっと出てきて、うまい具合にループシュートになって、
ゴールへ。アウェーのカメルーンが先制です。ウォメだったっけな?
いまいちぼーとしてて名前覚えてません。
こりゃいかんなと、コートジボアールも攻めるわけだけど、こっちの同点
ゴールも似た様な感じで、DFが体入れたところを、うまくかわしてボールを
奪って中央のドログバへ。カメルーンDFは、ボール出たもんだと思ってた
感じでボールウォッチャーになってたんでフリーのままドログバがゴール。
これで、1-1の同点に。盛り上がってきました。このまま、前半も終るかな
と思ってたロスタイムに、カメルーン左からのセンターリングを折り返して
中央にいた、ウォメ?が頭で押しこんで2点目。2得点したのは覚えてるけど、
名前が出てきません。そんなわけで、嫌ぁ〜な感じでコートジボアールは
前半終了。

家の外の雨が強くて、また見れなくなっちゃうかと不安になりつつ、後半に
突入。

後半になると、この試合に勝てばW杯出場が決るコートジボアールが攻め
込みます。前半1分に、ゴール前で得たFKを、またドログバが決めて2-2の
同点に。ここから、結構試合が荒れてきます。みんなアドレナリン全開
みたいな。がつがつ、足にタックルいくし、こんなんあり?って思ったけど、
結構みんな平気な顔でやってる。ヨーロッパとかなら、すぐにファールを
アピールしそうな感じのでも、流しちゃうし、選手も選手でちょっとやそっと
じゃ倒れない。見てて単純に凄いと思っちゃった。トラップなんかも、かなり
正確だし、やっぱ体の柔軟性なのかなぁ。パスも回る時は、凄いスピードの
パスでぽんぽんつなぐし、こんなの日本勝てないなぁ〜と、ちょっと思った
とこでした。で、まぁ、このまま試合は膠着状態に。カメルーンが先に
3人の交代枠使いきっちゃって、残り20分位で、コートジボアールも引き分けで
良しとしたのか、守備的な選手を投入した直後、FKからのシュートがポストを
叩きそのリバウンドをNGOMが押しこんで、カメルーンが3たび勝ち越しに成功。
こうなると、やっぱり経験の差なのか、うまいことあしらわれて、結局
アウェーのカメルーンが勝利。これで、W杯出場は、最終節までもつれる事に
なりました。カメルーンはエジプトと。コートジボアールはリビアとだったけな。
カメルーンが勝てば、決りのはず。勝ち点差が1なんで、最後まで分かんない
ですけどね。やっぱ、なんだかんだ言って不屈のライオン、
カメルーン上がってきましたねって。

いやまぁ、でも、面白い試合だった。カードは結構出たけど。かなり厳しい
当たりなんかでも、ファールすら取らなかったり、いまだにファールを
取られた後にボールをポーンと遠くに蹴っちゃったりするけど、そこ辺は
あんまりおとがめなしで、若干アフリカンルール。ま、それもいいのかなぁ
と思わせるところはありますけどね。面白かったから、それで良し。
眠いけど、喉痛いけど、見てたかいはあったかな。下手なヨーロッパの
試合より、全然面白い。気分は青田刈り。
カメルーンの点取ったの、ウェボでしたね。すんません。
| Sports(スポーツ) | 10:36 | comments(0) | trackbacks(1) |
W杯欧州予選
眠れません。
次から次に試合があって、困ったもんです。
ってなわけで、とりあえず、見たところ、イギリスとスウェーデンは
順当勝ちかなぁ〜って感じ。
イギリスは、ウェールズとのアウェーでの試合だったけど、ハーフライン
手前から、ベッカムのフィードをライト・フィリップスだったかな?
から、中央に走り込んできたジョー・コールがが決めて1-0。この1点を
守ってというか、ウェールズ攻め切れずって感じでイングランドの勝ち。
スウェーデンは、ホームにブルガリアを迎えてって所だけど、ここは、
まぁ、リュンベリ、イブラヒモビッチなんかが決めて3-0の快勝。
ブルガリアは後半早々の退場者が痛かった。イブラヒモビッチは、懐
深すぎ。ボールとられないし192cmのくせにえらいアクロバティックな
シュート決めるし。ラーションもヘディングの打点高すぎです。
で、今見てるのは、スコットランドvsイタリア。これがまた、意外な
ことにスコットランドが前半終了で1-0とリード。スコットランドの
FWケリー・ミラー、上手です。得点はヘディングだったけど、ドリブル
でもイタリアディフェンスを翻弄してる感じ。フレッチャーもなかなか。
あとは、後半もこの調子で続けていけるかがポイントでしょうか。

ついでに、チャンネル変えたら、アフリカ予選もやってるじゃないですか。
チュニジアvsケニア。チュニジア、日本とW杯で戦ったときよりもずっと
強くなってる感じ。ユース世代なんか随分と強くなってるし、底上げが
しっかり出来ているというか。ま、そんなところで、前半早々1-0と
リード。ま、でもアフリカ予選、身体能力の塊みたいな感じなんで、
どこがかってもおかしくない感じはするけど。

この後は、ジダンが代表復帰したフランスと、オランダの試合あたりを
見たいかなぁと。カメルーンvsコートジボアールも結構面白いかも
なんて。ドログバ見たいかも。
ま、こんな感じです。


-----------------------------------------------------------------
あ、イタリアは結局追いついて、1-1のドローになりました。
ビエリどうかなぁ〜って感じ。ジラルディーノの方がいい気が
するけどなぁ・・・
トルコvsデンマークもひきわけちゃったから、ウクライナのW杯出場が
決まったみたいです。ついに、シェフチェンコもW杯に出場する事が
できますわ。これも、結構楽しみ。ウクライナ良い選手結構いるからなぁ。

-----------------------------------------------------------------
フランス勝ちましたね。今度のW杯ではじめての3点差勝利。フェロー諸島
相手とはいえ、ジダンとヴィエラが復帰してちゃんと勝利を収めたのは
よろしいかと。ただ、やっぱりどこの国もそうかなって感じだけど、
得点力不足。シセが2得点したのはまぁ良しとしても、もう1点は
オウンゴールだし、アンリの結構得点機はあった感じだったけど
決めきれず。2年前のプレミアで得点王になったときのアンリは、気が
向いたらいつでも点が取れるって感じがするくらい決定力が高かった
気がするんだけど。これが、国を代表するって重みなのかな。
ついでに、パラグアイとアルゼンチンの南米予選も見てたら、後半42分
位まで何とか見れてたんだけど、そこで雨が強くなって、受信できません
だって。復活したときには終わってました。パラグアイ1点リード
だったし、アルゼンチン1人減ってたからパラグアイ多分勝ったんだろう
なぁ。今は、オランダ戦見てます。まだ、動きなし。

| Sports(スポーツ) | 02:35 | comments(2) | trackbacks(3) |
コンフェデ
ブラジルと引き分けましたね。見てましたけど。でも、ん〜どうかなぁ
もうちょっとやり方あったんじゃないかな?って、感じが残ります。
ブラジルもキーパージーダだったら、1点目とか止められちゃってんじゃ
ないかなぁ〜なんて、まぁ良いシュートだったんですけどね。大黒は
流石。得点感覚が鋭いんだろうな。希望は、大黒と久保の2トップ。
で、まぁ、攻撃は結構ブラジル相手でも全く歯が立たないって感じでは
ないって、手ごたえがあったかと思うんだけど、守備がちょっとなぁ〜。
1点目なんか特に。ロナウジーニョがうまいのはわかるけど、加地と中村
2人いたんでもう少し遅らせるくらいは出来たんじゃないかと。そのあとの
田中も、ずるずる下がっちゃって、結局ロビーニョに回り込ませる時間を
与える事になって、もうちょっと前の段階でどうにか出来なかったのかと。
あと、コーナーキックの時のマーク外し過ぎ!川口のファインセーブで
助けられたけど、何であそこにノーマークの相手が3人もいるわけ?
もっとびしっとついててくれないと、やられちゃいますよ。アドリアーノ
に仕事をさせなかったのはまぁいいけど、それ以外でも注意すべき選手
がいっぱいいて、まぁ、ブラジル強いわ。まだ、全然本気じゃないだろう
な。こういう時に勝てなかったら、厳しいだろうなぁって。
ま、世界との今のレベルを知るって事では良い大会だったかもしれない
けど、あと2試合やって欲しかったな。上を目指すためにはあえて、厳しく
言わないと。僕が言ったところで変わんないだろうけど。
でもまぁ、収穫は大黒は世界でも通用するFWだと言う事が分かったって
事かな。あと、ワンタッチプレーが続けば、世界のDFも崩せるって、
事かと。

次は来月の東アジア選手権だっけか?あそこで、びしっと勝って優勝
してもらいたいもんです!!頼むよっ!!ま〜じ〜で〜。
| Sports(スポーツ) | 09:26 | - | - |
<< 2/6PAGES >>